実践指導看護師
更新審査について

2021年度更新審査の案内

日本手術看護学会では、実践指導看護師のレベル保持のため、認定更新制を施行しています。認定後5年ごとに更新審査を実施しています。2021年度は、2016年度に認定された方が対象になります。


更新審査受験資格

 
① 看護師免許を有する
② 継続して学会の正会員である
③ 資格取得後3年以上周術期看護に従事している(在職証明書、様式2号)
④ 資格取得年度の4月1日から5年間の実績としてポイントを50点以上取得している(様式3号)
⑤ 術前・術中・術後のいずれかにおける看護実践事例1例の提出(様式4号)
⑥ 更新料納付済み証明書の提出(様式6号)  


審査の流れ

更新申請期間は2021年2月から3月末日消印有効。申請書類は、本制度規則のとおりです。
提出された書類を基に4月から5月にかけて認定審査委員会が審査し,6月の理事会で認定者を報告,更新登録手続きを行う予定です。更新認定者には連絡をして登録手続きを行い、認定証を交付します。 

 
 

2021年度スケジュール

更新申請期間:2021年2〜3月末日
審査期間  :2021年4〜5月
結果発表  :2021年6月

登録手続き :2021年7月※
※審査結果によって事例の再提出が必要になることがあります。
 この場合、再審査を要しますので、登録手続きが8月以降になる場合もあります。


2月 3月 4月 5月 6月 7月
応募期間 審査期間 結果発表 登録手続き
 

 



日本手術看護学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7 本郷三宝ビル4階  TEL:03-3813-0485 FAX:03-3813-0539 E-mail:kaiin-1@jona.gr.jp