開催概要

開催概要

会 期 2018年11月23日(金・祝日)・24日(土)
会 場 パシフィコ横浜 会議センター
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1 TEL:045-221-2155
大会長 横田冨美子(日本手術看護学会関東甲信越地区会長・埼玉県済生会川口総合病院)
テーマ 手術看護から周術期看護へ -変遷する社会に対応できる手術室看護師の育成-
   
プログラム
  特別講演:
手術室看護師の人材育成とチーム医療 福井トシ子(日本看護協会)
  招待講演:
周術期看護師の未来への準備 Jed Duff(ニューカッスル大学)
  大会長講演:
医療材料不具合の管理 横田富美子(埼玉県済生会川口総合病院)
  教育講演Ⅰ:
医療の質からみた手術部 マネジメント –人材の育成と業務分担–
  小山 勇(埼玉医科大学国際医療センター)
  教育講演Ⅱ:
患者安全とPeople-Centered care 野崎慎二郎(WHO健康開発総合研究センター)
  教育講演Ⅲ:
医療安全のためのチーム力 永井弥生(オフィス風の道)
  教育講演Ⅳ:
手術室における感染管理の最新情報 矢野邦夫(浜松医療センター)
  教育講演Ⅴ:
災害時の備えは大丈夫? –災害時医療連携(ネットワーク)の試み–
  江島 豊(東北大学病院)
  トピックスⅠ:
日本開国:医療看の教育の今そして未来のために 町 淳二(ハワイ大学)
  トピックスⅡ:
2018年診療報酬改定に伴う手術看護への影響 石田昌宏(参議院議員)
  トピックスⅢ:
手術看護のあり方について 石橋まゆみ(日本手術看護学会)
  トピックスⅣ:
手術看護の質評価-プレテストの結果からわかったこと-
  木村三香(日本手術看護学会)
  トピックスⅤ:
クリニカルラダーを用いた教育のあり方と課題 佐藤澄子(日本手術看護学会)
  シンポジウムⅠ: 手術室看護師が質を高めるために必要な教育とは何か
  シンポジウムⅡ: 様々なチーム間における周術期看護
  教育セミナー:
高齢者の事例を通して多職種チームで考えてみよう!
  関東甲信越地区手術看護認定看護師
  研究倫理研修:
研究倫理の基礎と最近の動向 中澤栄輔(東京大学大学院医学系研究科)
  手術看護実践指導看護師報告会:手術看護実践指導看護師になろう-JONAⅢの活動-
  中堅者研修・看護管理研修報告会、研究発表、共催セミナー、他
  (標題と演者等は、変更になる場合がありますので、ホームページ等でご確認ください)
   
お問い合わせ先 日本手術看護学会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7 本郷三宝ビル4階
TEL 03-3813-0485 FAX 03-3813-0539
E-mail: kaiin-1@jona.gr.jp